今どきの中学生とワンダープリントステーションの相性はいかに!?


本日は続投!
「今どきの中学生のお誕生日プレゼントとは!?」に続いて、中学生ネタをもう1本!

イヤーアルバムに初チャレンジ頂いた中学生のお話をご紹介ひらめき

今回初めてイヤーアルバムを体験して頂いた中学生のお母さまは、私の父の代から当店に通い続けてくださっている方。

コンパクトデジタルカメラでお子さんの写真を撮り続け、定期的にプリントされ続けておられるのですが、機械が大の苦手。
そのため、店頭受付機には一切触れようとせず、コンデジのモニターで「この画像からこの画像までプリントよろしくね!」とカメラごと置いていかれるという超アナログ的なオーダーの仕方をずっと続けられていましたが、お子さんが大きくなり、お子さんはお子さんで自分用のコンデジを持たれるようになり、娘さんからプリントを頼まれるようになったある日のこと。

お母さまより「娘のカメラが壊れちゃって新調したんだけど、壊れたカメラに入れていたSDカードの中の画像が放置してある。娘のだし何が撮ってあるのか知らないんだけど、放置しておくのもねぇと気になってるんだけど、1枚ずつプリントするのもなぁと思って、何かいい方法ないかしら?」とご相談。
ちょうどキャンペーン中だったイヤーアルバムをご紹介したところ、プリントするのとそんなに変わらないお値段でしっかり製本のハードカバーフォトブックができることに驚愕Σr(‘Д‘n)

「キャンペーン中に必ず娘を連れてくる!」と即答し、いそいそと帰られ、キャンペーン最終日に中学生の娘ちゃんを連れてご来店。

娘ちゃんは店頭受付機WPS(ワンダープリントステーション)を触るのは2回目。
1回目は「写真で缶バッジ作っちゃお♪」
缶バッジ作成用にましかくプリントオーダーを経験して頂きましたが、イヤーアルバムは今回が初体験パンチ

小さい頃からデジタル機器になれており、自分のスマホも持っている中学生にとって、ワンダープリントステーションの操作なんておちゃのこさいさい~

「これ、めっちゃおもしろいじゃんるんるん」と言いながら、スタンプデコレーションもいっぱいお愉しみ黒ハート

そんな娘ちゃんを見ていたお母さまが…
「私も作ってみたいと思って、実は私のSDカードも持ってきたんですわーい(嬉しい顔)」と驚きの発言━Σ(´ω`ノ)ノ

今まで「機械苦手だから…」と頑なに、指1本触れようとされなかったお母さまが、

「私も作ってみようと思って」 「私も作ってみようと思って」 「私も作ってみようと思って」

私の頭の中でリピートする反響音…
なんてうれしい響きでしょう黒ハート

お母さまもいざチャレンジパンチ
最初は私がマウスを使ってご説明してましたが、娘ちゃんからの質問に対応している間に、ご自身でマウスを操作し始め、数分後にはこの状態目

なんということでしょう!
親子でワンダープリントステーションイヤーアルバム作っちゃってるじゃないですか~!

お母さまも「すごいのねぇ~」とワンダープリントステーションの機能に感心しながら、イヤーアルバム作りに熱中人!

娘ちゃんは、壊れたカメラに入っていたSDカードのデータで1冊目を完了すると、おNEWのカメラで撮ってきた修学旅行のお写真でもう1冊チャレンジパンチ

ステキなアルバムが3冊完成しましたぴかぴか(新しい)

当店の店頭受付機ワンダープリントステーション、中学生のお子さまにもがっつり愉しんで頂けて、相性バッチリ黒ハート

なんとこのお母さま、数日後に再度ご来店され、デザインコラージュプリントにもチャレンジパンチ

スタンプデコレーションを駆使しながら…
「私こんなこともできるようになっちゃった黒ハート」とめっちゃ愉しげるんるん

ワンダープリントステーション、機械苦手な方でも一度触っていただければ、簡単操作でがっつり愉しんで頂けるんだなと分かり、私までうれしく愉しくなってしまいましたハートたち(複数ハート)

みなさまもぜひ親子で当店のワンダープリントステーションで愉しいプリントを体感しにいらしてください!
操作はスーさん&ケメコが愉しくサポートいたしますわーい(嬉しい顔)

子どもから大人まで、みなさんのもとに写真がもたらすハッピーがますます増えますようにかわいい